シャッター 無理な体勢 ぎっくり腰

シャッター 無理な体勢 ぎっくり腰

シャッターを開けようとしたら腰に痛みがきた

 
会社のシャッターを開けようとして、しゃがんで身体に力を入れたのですが、荷物を持っていたこともあって、少し離れた所から無理な体勢で開けてしまって少し腰にピキッとした痛みがきました。そこでちょっとやめて時間を置くとマシになったので、またすぐに他のシャッターを開けてしまったので、そこから動けないほどの激痛が腰にきました。少しピキッとなった時点で身体を休めてあげていればこんなにキツイことになることはなかったと思います。普通に身体を起こそうと思ってもすぐには起こせなくて、時間をかけてゆっくりと腰と背中の骨をパズルを組み立てるような感覚で少しずつ伸ばしていくしかできませんでした。あとは、やりたては上手く歩くことができずに歩幅も狭くてヨチヨチ歩きのような感じが1番ラクでした。ヨチヨチ歩きでも、壁や柱などを持ちながら歩かないと少し不安でした。マシになってからは立ち上がりがキツイですが、立ち上がって少し時間を置けば安定して歩けるようになりました。

 

このように、荷物で腰痛になってしまった場合の対処法など、知っておくことも大切なのではないでしょうか。

コルセット


最初はもう無理な動きは避けて、落ち着くまでゆっくりすることが大切だと思います。最初に無理をして動いてしまうと、長引くしどんどんひどくなる可能性があります。
どうしても動くときはコルセットで安定させて動きます。でも少しでも危ういと感じる動きは絶対にしないようにして安静にします。
自分でできることは限られてしまうので、ギックリ腰になったらなるべく早めに整骨院などへ行って治療をしてもらうと、ラクになるとが早いと思います。整骨院もその人に合う合わないといった好みがあると思うので、自分にあった治療をしてくれる所があればいいですね。私はいざという時に駆け込む整骨院が決まっています。その整骨院は一人ひとりにあった治療を提案してもらえるし、動きの注意点や、今の時点でしてもいい動きなどを一緒に確認してもらえるのでとても助かっています。難しいかもしれないですが、なるべく毎日通うことで早く腰痛を取り除くことができます。

関連する記事はこちら

更新履歴